お知らせ・ニュース

2022.06.01|HUSニュースアーカイブス

#024[道内唯一]2013(平成25)年、電気保安に優れた業績を上げた人物に贈られる「澁澤賞」を教員が受賞

2013(平成25)年、電気デジタル工学科(現 電気電子工学科)の三澤顕次教授が、電気保安に優れた業績をあげた人物に贈られる「澁澤賞」を受賞しました。

 

この年、渋澤賞を受賞したのは30件63名、その中で三澤教授は道内から唯一の受賞者でした。

11月に東京會館で行われた贈呈式では、表彰状と記念品の絵皿が授与されました。

 

 

電気電子工学科 佐々木正巳教授の元で保管されている「電気電子工学科2016年度パンフレット」にも、このことが掲載されています。

 

※クリックで拡大

 

澁澤賞は、工学博士である故 澁澤元治が文化功労者として表彰された栄誉を記念するため、昭和31年に設けられたものです。

電気保安に傾注した澁澤元治の意を体し、広く電気保安に優れた業績を上げた人物に毎年贈られており、民間で唯一の電気保安関係表彰として各界より認められている権威ある賞です。

三澤教授は、長きにわたり電気・電力工学分野の最重要資格である電気主任技術者や電気工事士の人材育成に従事したことが評価され受賞に至りました。

 

学校法人北海道科学大学では、2024年の創立100周年に向けて、設置校や関係者(在学生や卒業生、教職員など)の活躍によって、北海道「初」やNo.1、オンリーワンになった出来事・取組を発信しております。

新着情報の一覧を見る

ページ上部へ