お知らせ・ニュース

2021.11.17|HUSニュースアーカイブス

#011[道内№1]YOSAKOIソーラン部が「学生合同出陣式」で大賞を受賞

2021年10月24日に行われたYOSAKOIソーラン祭りのイベント「学生合同出陣式」で、YOSAKOIソーラン部「北海道科学大学~相羅~」が出場16チームの中から大賞に選ばれました。

 

北海道を代表するイベントであるYOSAKOIソーラン祭りは、新型コロナウイルス感染症の影響で2020年度、2021年度と2年連続中止となりました。

例年5月に行われる「学生合同出陣式」も開催できずにいましたが、2年5ヵ月ぶりに無観客で開催されました。

 

 

部長を務める竹田一輝さん(建築学科3年)は「約2年間ぶりの対面でのイベントでした。例年通りの活動は出来ない2年間でしたが、チームメンバーや沢山のOB・OGに支えられ、この日まで駆け抜けることが出来ました。色々な想いが詰まった、北海道科学大学〜相羅〜"初"の学生合同出陣式での大賞は一生の宝物です!!」と大賞受賞を振り返りました。

大賞を受賞した北海道科学大学~相羅~は、YOSAKOIソーラン祭りの代替として2022年1月30日(日)に開催される有観客イベントに出場する予定です。

 

 

副部長の山西海璃さん(人間社会学科3年)は「今回の学生合同出陣式には参加できなかった看護学科の部員達と、もう一度踊れることや環境に感謝しながら、そして何よりも楽しみながらチーム一同全力で頑張りたいと思います!応援よろしくお願いいたします!」とイベントへの意気込みをお話してくれました。

 

学校法人北海道科学大学では、2024年の創立100周年に向けて、設置校や関係者(在学生や卒業生、教職員など)の活躍によって、北海道「初」や№1、オンリーワンになった出来事・取組を発信しております。

 

新着情報の一覧を見る

ページ上部へ