scroll

Until the 100th anniversary

: .

北海道科学大学 100周年 記念ロゴ

Toward the 100th Anniversary

創立100周年に向けて

学校法人北海道科学大学は2024年に創立100周年を迎えます。
私たちは創立100周年を迎えるにあたり、このたび+Innovationを
コンセプトとして、新たにカウントダウンロゴマークを定めました。
HUSと右肩上がりのラインは、2024年とその先の未来に向けた躍進を、
「100」の文字を構成する三角形は学校法人北海道科学大学グループの
各学校学部学科及び各組織等を表しており、広がりを持たせることで
躍動感を表現しています。グループ内で様々なイノベーションが展開される
2024年以降の学校法人北海道科学大学を表現しました。

法人からのメッセージ

学校法人北海道科学大学では、
2024年の創立100周年を
見据えた将来像の検討を重ねてきました。
次の100周年に向けて、もう一度自分たちの
理想を確認し、掲げるものとして、
新たに設定したのが
『100周年ブランドビジョン』です。

  • Message

    北海道科学大学
    北海道科学大学短期大学部
    学長

    渡辺 泰裕

  • Message

    北海道科学大学高等学校
    校長

    橋本 達也

  • Message

    北海道自動車学校
    校長

    山本 敬巌

+Professional Innovation Team( +PIT ) 2019
~北海道科学大学組織横断型活動推進プロジェクト~

+PIT(Professional Innovation Team)とは、「北海道の発展・成長に最も貢献する大学」を目指す北海道科学大学が、
学内の教職員を起点に学内外の人や企業、グループと連携し、新たなプロジェクトに取り組むチームをサポートする仕組みです。
これまで実施してきたプロジェクトやこれから始める新しいプロジェクト([教育活動] ・[研究活動] ・[地域活動] )などに対して、
学校法人北海道科学大学グループ個々人の「やりたい」という想い・アイデアを組織としてサポートします。

既存の枠組みを越えて新たなワクワクや驚き、そして新しい価値を創出するプロジェクトが対象です。
2019年9月現在、19のプロジェクトが活動しています。

北海道科学大学
100年のあゆみ

学校法人北海道科学大学は、
大正13(1924)年8月10日に伏木田隆作が
個人的に開設した自動車運転技能教授所を
嚆矢としている。この教授所を基にして
北海道自動車学校に発展、
さらに自動車学校という
特殊な教育分野であることから
くるさまざまな制約や展開の過程を経て
現在に至っている。